はじめまして 2000年、娘を出産して娘が2歳の頃、 三雲雅子先生のミニチュア粘土細工と出逢って 素敵な仲間に出会って、素敵な生徒様に囲まれて 現在粘土細工の講師をさせて頂いています 2006年関節リウマチをお付き合いする事となりました。 何気なくしてた事が出来なくてずっと痛くて痛くて この先どうなるのだろうと 不安で泣いてばかりの日もありました。 ネットの情報に一喜一憂した日々もありました。 時間は掛かりましたが 色々なご縁で自分に合った治療法にも巡り合えて 今は不自由なく日常生活を送っています

レビュー

まだレビューがありません