占い師の天弓(てんきゅう)と申します。 天弓とは雨上がりに掛かる虹。 今まで仕事は数々やってきましたが、 一番長く続いた職業は介護。 20年主に病院勤務で 介護福祉士として働いてきました。 介護に関わることで歳を重ねることでの苦悩を 数多く見てきました。 自らが人生の節目である50歳を過ぎた時、 原因不明の手足の痺れに悩まされることになり、 自らの身体で歳を取ることでの 辛さや痛みを肌で感じられるようになり、 それと同時に、 今抱えている、家庭のこと、お金のこと、仕事のこと、人間関係とこの先のことの不

レビュー

まだレビューがありません