子どもの頃から、見えない音・感覚にとても敏感でしたが、周囲にその事が話せず自分はおかしいのか?!と封印。 28歳で会社をクビになり、鬱になった事をキッカケに自分の想いを言葉や絵にして伝えるようになる。 心の変化に伴い描く絵が変化し続ける事に疑問を持ち、心の世界へ・・・様々なカウンセリング、セラピーを受けてもうまくいかなかった経験から、自己対話の大切さに氣づき、日々の氣付きを基に日常の中にあるスピリチュアルを伝えることとアートを描いています。

レビュー

(1)

まだレビューがありません