20代の大半は、仕事で関東を飛び回るようにして、過ごしました。 心と体のつながりに興味を持ち、20代の後半に携わった仕事で、海外のセラピーに触れ、ブリスベンへ語学留学。 イギリスで学びたかった分野に触れるため渡英。3日後に救急でお世話になり、それをきっかけに予定をすべて白紙に。 もっとも学びたかった心と体のつながりについて、自分を実験台にして、発見の日々。(救急でお世話になっても、自分は元気だと思っていました。) イギリスで出会ったシンプルなカウンセリングを通し、自分を見つめながら、ワークを重ね、人が元気になる、その手伝いをさせていただきたいと願い、35歳の時に独立。(カウンセリングや、フィンドホーンのフラワーエッセンスを用いてセッション) 自分へのワークも重ねながら、楽になるにつれ、ある日のこと。光の存在たちの声を聞くようになりました。 以来、いろいろな存在に出会い、みなから学び、セッションも、彼らと一緒にするように。(数千件のセッションをさせていただいた貴重で、愛しい日々。) 2012年、それまでの体や精神すべてが崩壊し、同じ体に、もう一度、生まれ変わるような体験をし、取り組みの内容も移り変わり、今に至ります。 みんな、何一つ欠けていないまんまるな満ちた存在。 お一人お一人が、自身の温もりに近づいていく。 近づいていくほど、世界はやさしくなる。人生はあったかくなる。 今も、発見の日々がつづいています。 ここに現るみなから教わること、ワークなど、お届けしています

レビュー

(2)

まだレビューがありません