「型」(かたちを作る基となるもの)の次に「錐」(穴をあける道具)を書いて「かたぎり」と読ませています。

レビュー

まだレビューがありません