実家そなえて相談所@熊川サワコ

家族目線・生活者目線のHSP上級終活カウンセラー

実家そなえて相談所@熊川サワコ

こんにちは!  大阪府在住の熊川サワコと申します。 20代の時、母がガンになり、看病しながら仕事を続け2年の後に見送りました。   そして50代のある日、頑固&プライドの高い父が突然倒れ、親の介護をする人になりました。  丈夫な質ではない上に、近居の親族は私だけという環境のため、“介護する側がつぶれない”を常に頭におきながら介護と向き合いました。 介護拒否など当初から難題だらけでしたが、公的サービスを積極的に活用することで、脳梗塞から認知症に進行した父と共倒れになることなく、3年半介護生活を送り、無事に看取ることができました。 その後、相続・遺品整理等も経験いたしました。 終活カウンセラーなどの資格を取得したことでご縁を頂戴し、市の協働事業等の終活講座を担当。 体験談を織り込んだ *「捨てて」と言わずに親のキモチを動かすコツ *介護保険だけじゃない!?いざという時使える制度 *ブームに惑わされずにうちのお墓を考える *親の介護はマネジメント 介護は自分ファーストで *終活は元気なうちから カードで死生観ワークショップ など、視点や考え方を少しかえることで、気持ちを軽くしたり前向きになれるお話をさせていただいております。 とはいえ、ご事情は千差万別です。 講座はきっかけにはなるものの、自分に合った具体的手段がわからず悩んでしまうというお声から、本年より個別カウンセリングに重きをおいた活動にシフトいたました。  現在は、ご自身の老後にご不安のある方、親御様やご実家のことで悩まれている子世代の方などからのご相談を承っております。  私も、辛い時に話を聴いてもらうだけで救われたという経験が何度もある一人でございます。 ご家族やご親戚にお友達、そしてご近所や職場には知られたくないこと、もちろん愚痴もOKです。 あなたの思いの丈を打ち明けてください。思い切りぶつけてください。 秘密厳守で伺います。 今回、遠方の方、お子さまや介護の関係でお出かけされにくい方、特定の環境が必要な方のために60分通話コースを設定いたしました。 できるだけ専門用語を使わず、わかりやすい言葉でお話させていただきます。 なお当方、社会的少数派のHSP(Highly Sensitive Person・繊細さん 詳細ブログ掲載)でもありますので、HSPの方も安心してご相談ください。

レビュー

まだレビューがありません