妖怪を通じて、日本を観光してもらおうというコンセプトで活動しているアートユニットです。平面、立体など様々な作品を制作しています。また、学校やイベント会場などで妖怪について知ってもらうためのワークショップを開いたりもしています。イラストを担当した書籍に「妖怪探検図鑑」「10分、おばけどき」シリーズ(共に文/村上健司 、あかね書房)、活動を記録した書籍「隅田川の妖怪教室」(講談社)等あります。京極夏彦さんの小説「虚実妖怪百物語 破」文庫版(KADOKAWA)の表紙オブジェ(學天則)を制作しました。毎日小学生新聞の連載「怪しくゆかいな妖怪穴」(文/村上健司 )は10年目に突入しました。

レビュー

まだレビューがありません