産後の体調不良時に体の根本から元気になりたいと思って巡り合った漢方。それは漢方は漢方でも中医学という初めて聞くものでした。 その頃はフルタイムで仕事をしていましたが、体力が午前中には尽き果て毎日疲れ切っていました。ところが、漢方に出会い次第に体力もついてきたと同時に気力もアップしました。それで中医学の魅力にすっかりはまってしまった、というわけです。 長く働いた職場を退職して数年後、ずっと勉強したいと思っていた中医学の世界に意を決して飛び込むことに。2013年4月北京中医薬大学日本校(現日本中医学院)入学

レビュー

まだレビューがありません