小学1年の時、親にこんな質問 『人間は何で生きているの?どうせ死ぬんでしょう?死ぬために生きるんだったら今すぐ命をなくしたい』 「この世には実は自分しかいない、世界も他人も自分の思い込みでできてるに違いない・・・」 いつももたげる不思議な思い・・・ ちょっと変わった子供時代 青年期を過ぎても 自己重要の低さから長い間メンターを探し続け沢山の方々と出会い続けてきました 「そのメンターと共に歩めば、幸せになれる!」 ずっと長い間勘違いしていました・・・ でもやっと見つけた 幸せになるため

レビュー

まだレビューがありません