国際協力活動や外交政策に興味を持って留学したニュージーランド。 現地の大学を卒業目前にして 恋人との悲しい死別を経験し 自分のことで精一杯になってしまった20代。 生きる目的を探し 子孫を残すことに行き着き、結婚。 流産からの不妊に、壮絶な出産と産後うつ。 生まれてきた娘はまるで未知の生物で 自分は子育てに向いてないと苦しむ日々。 育児から逃げるように社会復帰し ワーママの道へ。 39歳目前にしてプチリストラに遭い 「私の人生、何かおかしい!」と思うように。 そこから運命学や宇

レビュー

まだレビューがありません