ある時、私は「死の瞑想」をしていました。 これは自分が死んでこの世から居なくなるイメージを リアルにシミュレーションしてみるというものです。 お通夜から花を添えられ葬儀を終え、 葬儀斎場から霊柩車で出棺し、 遺族に見送られ、荼毘にふされ、お骨になり、 意識がこの世からその姿を消してしまう瞬間 「もっと多くの人の役に立ちたかった・・・」 と心の底から思いました。 私の最初の独立起業はデザイン事務所でした。 ある時、趣味のハンググライダーで 右上腕骨骨幹部骨折をする事故をキッカケに 本当にやりたいことをや

レビュー

まだレビューがありません