アーブル美術館とは、 ルーブル美術館に憧れている私の夢をかなえる場所です。 私の好きな古今東西、世界の名画を、 8歳の長男と7歳の長女が模写しています。 その出来映えが 本物と全く違うため ゲラゲラ笑ってしまいます。 とはいえ、 本物のエッセンスも随所に感じられるときもあり、 油断できない面白さです。 現在、800点程の模写作品があり ときどき展覧会を開いています。 展覧会タイトルは毎回同じの 「大贋作展」。 おおいなるニセモノという意味です。 2018年現在で、50回以上の個展開催をしました

レビュー

まだレビューがありません