岡山県生まれ‘84年慶應義塾大学経済学部卒業 心理カウンセラー、セミナー講師、自然セラピスト  小学校の時…母親から与えられたアンチョコを見て先生の質問に応え、また、ある時 写生大会で提出した水彩画は、『今度はひとりで描きましょう。』と講評される。 カギっ子で、遊ぶとき以外いつも「本当の自分」はなく「俺は大丈夫か、将来、どんな大人 になるのだろうか…」といつも期待と不安を抱いていた。   小5の時…作陽音楽大学の堤温(すなお)教授が創立した津山少年合唱団に入団する。 ウィーン少年合唱団をめざし、週2回の厳しい練習とテストに合格して選ばれし者だけが、 ステージで歌うことができる。堤団長の座右の銘は『できないんではない、できるんだ。』 原体験はこの少年時代にある。  進学校に入るも…井の中の蛙で、成績は最下位あたりを低迷。さりとて先生に可愛がられることもなく、 目立たない存在で没個性的で居場所のない生活だった。高3の時、美大を受験したいと言ったら親父に『絵で 食っていけるか!』と一喝され、普通の大学に進学。   転職を繰り返して…『人間には自分が見えない、鳥には空気、魚には水』と自分探しの旅へ。売上を5年間連 続で年率15%伸ばし収入が1.5倍に増える。また、M&Aのディールを担当し初年度売上げベースで投資金 額の70%を粗利で回収するも「自分ではない誰か別の他人」になろうとしたため、次々と病気や怪我を患う。 2014年7月…自然セラピーに目覚める。 2017年2月、心の学校 佐藤康行学長と初対面した折『これ(真我開発講座)を教えたいんですけど、 再現性はありますか?』とお尋ねした。『ある。いろいろ用意している。支部長をやりなさい』とおっしゃられたのが講座を受けた決め手となった。 「心の安定」がどれだけ自然治癒力を高め、自分の持っている力を発揮できるか身を持って確認した。 また、愛そのものになると、相手のニーズがわかり、人間関係で今抱えている問題や課題の答え、正しい行動は 何かが自然とわかるようになる。それを伝えたいと思いインストラクターになる。

レビュー

まだレビューがありません