2017年5月、魂の片割れであるツインレイ男性と出会いました。それはちょうど50歳の誕生日の2日後でした。そこから私の人生は激変、激変、また激変でした。 そんな激動の50代前半を過ごしていた2019年10月。何もかも疲れ果ててしまった私は、一人アマゴモリ(巣ごもり)に入りました。それは地球規模の大激変期である2020年を予測していた為でもありました。 明確なコロナウィルスとまではわかりませんでしたが、ある程度の予測情報は得ていました。これまでの疲れを癒やすこと、人生棚卸しをすること、そして備えることを目的とし今に至ります。 そんな中、このアマゴモリがツインレイサイレント期であることに氣づきました。それが腑に落ちたことで全ての辻褄が合いました。 現在はツインレイの彼と別居しながらも毎日連絡を取り合い、そこでの氣づきをブログにしています。 全て実体験による事実を言葉にしています。

レビュー

まだレビューがありません