刺し子は東北地方の伝統的な修繕の技法です。そもそも昔は木綿生地が手に入りにくく、何度も補修をして使ってきた先人の知恵です。その刺し子の美しさや想いに惹かれ刺し子をするようになりました。 最近ではその刺し子の美しい文様からふきんや小物を目にする機会が増えてきました。 また、自分が思うような刺し子糸に出会えず、自分で手染めした糸を使って刺し子をするようになりました。 染色は化学染料や草木染め、、なんでもトライしてます。その中でもグラデーション糸は鮮やかで人気をいただいております。刺し子をもっと普及させたい...美しさや想いを広げて参りたいと思っております。 より良い糸をができるよう改良を重ねて参りたいと思います。 また、キットの販売やワークショップなども今後の目標としております。 先ずは、、刺し子について たくさんの方々に知っていただけるよう、 一生懸命活動して参ります。

レビュー

(10)

まだレビューがありません