著書は、『SARAH -イエスキリストの愛娘―』。「『奇跡』はもう人間の世界では途絶えるのよ。あとはただ、普通の人間が、普通の生活をしながら、この世界を変えていく。それだけなの」。聖母マリアを祖母に、マグダラのマリアを母に持つ少女・サラ。母たちの身を守るため、奇跡の力を隠し、森の中で慎ましく暮らしていた。しかし男たちはサラを放っておいてはくれない。「邪教の宣教師」――イエス・キリストの娘として、サラは民衆の前に引きずり出だされる。彼らの醜い本音を悟りながら、長い責め苦に黙って血を流すサラ。奇跡を振りかざす

レビュー

まだレビューがありません