幼い頃から波乱含みな人生でした。 10代ですでに周りの友達と比べ、平凡ではない毎日に人生とは?運命とは?生きる意味とは何ぞや?と哲学をしては、意識が自然と目に見えない世界に向いていました。 人生の節目に出会う不思議な人や、出来事の意味がわかりませんでしたが、欽天四化の鑑定で来因宮が福徳宮だと知りました。 私の人生はいつも不思議な出来事と隣り合わせでした。 どんな人生でも意味があり、辛く投げ出したくなる人生も、胸が張れない人生も、泥臭くても最後まで生き抜く事がこの世に生まれた人の使命だと思っています。

レビュー

まだレビューがありません