弘前市で出会ったこぎん刺しという刺繍に一目惚れし、 こぎん刺しの小物をハンドメイドしています。 元は麻布に白糸で刺し綴られていたこぎん刺しですが、 物が豊かになった現代、布も糸も好きなものを選べるようになりました。 一つ一つは小さな柄(もどこと言います)ですが、組み合わせる事で幾何学模様を思わせる美しい模様が浮かび上がります。 糸の色を変える事で、同じ作品でもイメージを変える事ができます。 こぎん刺しの可能性は無限です。 そんなこぎん刺しの魅力を少しでも伝えられたら幸いです。 作った作品はネットショ

レビュー

まだレビューがありません