36歳でわが子と歩いていて見知らぬ人から「おばあちゃん」呼ばわりされていたほどの老け顔だった私。 でも、50歳になり孫といてもママさんだと思われるまでに若返ることができました。 それまでの私は家庭でのストレスによって顔が変形し、うつ病や自律神経失調症、ガンも発症。 しかし、人生を変える出会いを重ねて徐々に本来の顔と健康を取り戻していきました。 自分の顔は脳の写し鏡。そして人生の履歴書。 脳の状態が顔に反映され、印象を作り、人生を作っていきます。 老け顔、うつ病、ガンの私が立ち直るま

レビュー

まだレビューがありません