7年の不妊を経て、第一子を妊娠。 妊娠8か月で胎児水腫(心筋症)で死産。 食養生や東洋医学など、自分の身体を使って人体実験を繰り返しながら、不妊や流産を繰り返しやすい身体をどうやって健やかに中庸に持っていくかを研究。 なぜ息子は胎児水腫になってしまったのか、母体の状態を分析し、授かれる体、育める身体づくりを日々研究していました。 食事・心の持ち方・身体の使い方を改善して、死産から1年半で自然妊娠。 流行りの健康法や妊活法は落とし穴がいっぱいです。 現代医学や現代栄養学ではカバーしきれない部分を、実体験に基づいた知識でお教えします。 健やかな日々を取り戻し、不妊・流産で悲しむママに希望の光が見えますように願いを込めて…☆

レビュー

(6)

まだレビューがありません