パーキンソン病の母を専業主夫の父(84歳)と一緒に介護しています。最小減の介護サービスを利用しつつ、入退院を繰り返しながら山あり谷ありを乗り越えて、現在は在宅医療にこだる日々を家族で過ごしています。病気がわかった当時、わたしは仕事ばかりで母に寂しい不安な思いをさせていました。今はテレワークを継続しながら、訪看さんにケアのスキルを指導していただきながら、ママ・ファーストな毎日を満喫中です。

レビュー

まだレビューがありません