生まれたときから病弱で、死にかけた事が何度かその度に色々な人から助けてもらい、私も誰かの助けになりたいと思っていたが、登校拒否扱いや先生からの特別待遇によりいじめに会い、人間嫌いから自分嫌いになり、本音を言わず、適当に学生生活を送る。 人並みに就職をし一人で生活を始めるが、無理がたたって体調を崩し退職。 実家でのパラサイト生活を送る中で自分は誰かの助けになることはできないお荷物だと日々悩みながら生活をする。 ある日、祖母のかたみである着物が目につき、勿体無いので着付け教室に通い始めると、着物を着て外出

レビュー

まだレビューがありません