『もしもあの時、好きな人に告白していたら・・・』 『もしもあの時、仕事を辞めていなければ・・・』 「もし」は、幸福と不幸を分ける分岐点です。 誰しもが、自分の人生の1ページに「もしも」を持っているのではないでしょうか。 人は、「幸福な道」と「不幸な道」を歩く権利があります。 どちらも同じ人生という名の道でありながら、そこには天と地ほどの差が存在しています。 その確率は1/2。 1/2の確率でありながらも、多くの人は幸せを感じることなく生きています。 その秘密は? その秘密は、「バイオリズム」にあ

レビュー

まだレビューがありません