はじめまして!魔法学校shanti校長らんらんです。 子どものころから、物事の理(ことわり)について考えるのが好きな子どもで「考えすぎ」と言われてきました。 人の思いを受け取りすぎて、いい子でいることで波風立たないように過ごしてきましたが、自分を押し殺していたため、大学時代からは感情のコントロールが利かず、生きにくい時を過ごしました。 考えすぎってどういうこと?とさらに考える、というループの中で、アロマテラピーと出会い、 「起きていることはすべて自分の責任」 自分を変えるしかないと、あきらめずコツコ

レビュー

まだレビューがありません