山口有佐(やまぐち ありさ) 長野市在住 2児の母 幼児・小学生・中学生・高校生 体を鍛え、心を育てる子ども向けのヨガをお届けしてます。 ・夜の寝つきがよくなった ・風邪がひきづらくなった ・心の落ち着きを取り戻した ・体の使い方が深まりパフォーマンスが上がった ・集中力が高まり結果を出せるようになった などヨガの効果は多岐にわたります。 アメリカの学校現場から生まれたYogaEd.(ヨガエド)をベースに 年間4000人を超える子どもたちへ、その場その場に合わせた プログラムを作成し、活動して10年になります。 子ども向けヨガが大人向けのヨガと大きく違う点は、 発達途中の子どもたちの育ちを支える内容で構成されていること。 遊びを交え、対話しながら進んでいきます。 幼児期、学童期、青年期の特徴を抑え、 お子様それぞれに必要な力を見立て進めていきます。 体作りはもちろん、自分自身を大切にする力を高めます。 ヨガによる五感を感じるプロセスは全能を統合し、特に、前頭前野の働きを高めることがわかっています。 人と比べることなく、ありのままの姿を大切にしいたわる時間 様々な刺激にあふれるからこそ、強い刺激でバランスをとるのではなく、自分のペースで前を見ていける底力や心地よい経験が様々な活力につながることを伝えてます。 過去に、心療内科でヨガを伝えていきました。 パーソナル障害の方にお会いしヨガを行ってきて、 心の病の難しさを目の当たりにしてきました。 そして、その根底に 幼児期から青年期にかけて過ごしてきた「生きづらさ」がありました。 ヨガは、その人の命を肯定し「生きづらさ」に寄り添います。 子どもは、環境要因によって大きな影響を受けます。 かけがえのない、大切な時期に「あなたは大切な存在」であること 「自分を大切にしていいこと」体を動かすことによって、本来持っている命が輝く経験、心のよりどころはいつでも選んでいい」事などヨガを通じて伝えてます。

レビュー

まだレビューがありません