九州出身の両親の元に生まれ、東京で育つ。 子供の頃は両親の手料理は愛情たっぷりで、 添加物が少ない優しい食事を体の為に作ってくれたお陰で アレルギーもなく育つ。 釣り好きな父のお陰で、幼い頃から新鮮な魚の味を知る。 高校時代は寮生活に、サッカーもやっていたため体の為に食事がとても重要なことを体であじわう事になる。 山梨県の高校だった為、そこで山の幸の葡萄、桃など、山には山の豊かな恵がある事を知る。 人は自然の中で生かされていること。 そして美味しい水、空気、太陽、その土地ならではの文化と共に食生活がある事をで感じ 様々な食に関わる仕事を経験して今、思うことは “日本の食の価値をもっと高めたい” この国の人がもっと、食に楽しみや、幸せを感じて欲しい、ということ。 「食事」がただ、お腹を満たす”食べる 事”ではなく、心と身体を癒し、慈しむものとなるような 「食慈」に変わって行くようにという想いからお食慈プロデューサーとして活動をしております。 日本の食を支える生産者様の想いが、消費者の方に広く伝わり、 “食慈”の輪が広がって行く事を願いながら、 製品の開発や改良、レシピの考案や、販路拡大、店舗の改善アドバイスなど 皆様のパートナーとして幅広くお手伝いをさせて頂きます。 このようなご縁で皆様にお会いできました事を嬉しく思います。

レビュー

まだレビューがありません