一応、リハビリの専門家を名乗れる国家資格、理学療法士の免許を取得しております。また、現在は介護老人保健施設にて要支援・要介護状態となった高齢者のかたとリハビリをする仕事に従事しています。 仕事は仕事でやりがいもあるし、給料はうっすいけど頑張れる環境ではあります。 しかし、こころのどこかで「もう手遅れなんじゃない?」という思いを秘めていたりします。 高齢になって、要支援・要介護認定を受けて、足腰弱って膝も腰も曲がって、血圧も血糖値も末梢血管抵抗も高くなってからじゃしんどくて運動する気にならないですよね。わかります。わたしもたぶんそうです。運動する習慣がないですから。 高齢になってから急に意識が変わってすごく運動するようになるひともいるけど、やっぱり手遅れ感があります。 そこで、そうなる前になにかできないかなといつも考えています。 介護予防ときくとお年寄りのはなしだと思われるので違うワードを考えてみたんですがいいのが思いつきませんでした。 「働き盛りからの介護予防」 こういった感じのテーマでいろいろ活動させて頂きます。

レビュー

まだレビューがありません