初めは知人から 口コミでご相談者が増えました。 今回のブログのきっかけは 過去に(占い以外の)仕事で知り合った あるかたの言葉を 思い出したことです。 大河ドラマの演出もつとめた 才能豊かなかたでしたが あるご不幸から、一線を退きました。 私には、その不幸も 意味のある展開と思えましたが 彼は 「いや。不幸なんかなく、幸せなままがいい」 といいました。 そのとき 駆け出しの私は、気づきませんでした。 ひとは、いまも、これからも、 ただ、しあわせでいたいことに。 いくら、不幸をばねにして、といって

レビュー

まだレビューがありません