有料記事

時間管理で手に入れる幸せフリーランス生活 第四章:今日からできる時間管理のコツ

緊急性・重要性をもとにタスクを分類する

私たちは日々、様々なタスクをこなさなければなりません。それらは「緊急性」と「重要性」を基準に、4 つに分けることができます。 1.緊急性、重要性ともに高いもの 2.緊急性が高いが重要性は低いもの 3.重要性が高いが緊急性は低いもの 4.緊急でも重要でもないもの 通常は、1.から順に消化していき、最後に4.を消化することになるでしょう。ただし、この分類は流動的なものであり、「3.に含まれていたタスクが、時間の経過とともに1.に移行する」ということもあります。

緊急性、重要性ともに高いもの

◆納期が迫っている仕事 ◆冠婚葬祭(特に「葬」にまつわること) ◆食事をとること ◆睡眠をとること ◆自身や家族の急病への対応 ……などが考えられるでしょう。 緊急性も重要性も高いタスクが増えれば増えるほど、フリーランスは納期に追われ、慌ただしい生活を送ることになります。そのため、緊急性や重要性が低い段階で対処することを、できるだけ考えましょう。 ◆納期が迫る前に仕事を片付けておく ◆礼服は季節ごとに点検をし、熨斗袋なども常に用意しておく ◆普段から健康管理を徹底しておく など、緊急事態が起こる前に、対処できることはあるのです。

緊急性が高いが重要性は低いもの

◆誰かに代わってもらえる仕事 ◆人気商品を発売日に並んで手に入れること ◆掃除、洗濯、ゴミだしなど ……などが考えられます。 私は「そのタスクを、誰かに代わってもらうことができるか?」「代わりの方法があるか?」にイエスと答えられるタスクは、この領域に属すると考えます。掃除や洗濯は、家族に頼む方法もありますし、人気商品を発売日に手に入れることにこだわらず、数日待てば、手に入れることもできるでしょう。 「忙しすぎる! でもなんだか充実感がない」「多忙で体を壊してしまった」という人は、この領域に属するタスクを誰かに頼む、ということを考のも一案です。

レビュー

まだレビューがありません

資格・スキルアップ・仕事術

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード