有料記事

信頼され、リピートされるフリーランスになるための7つの工夫

はじめに

フリーランスに必要なものは、まず「業務上のスキル」です。 でも、スキルさえあれば生き残っていける、とは限りません。 たとえばライティング・執筆作業、イラストを描く作業などは、特別な免許がなくても行うことができます。企業が「社内のスタッフに担当させる」という方法を選べば、フリーランスを探す、打合せをする、報酬を支払うなどの面倒な手続きは必要ないのです。 にもかかわらず、企業内のスタッフに担当させず、外部の人間に依頼するのはなぜでしょうか? ・執筆やイラストの得意な内部スタッフがいない ・内部スタッフがたくさんの業務を抱えており、時間的に余裕がない ・内部スタッフでもできないことはないが、より高度な完成品を求めている などの事情があるのです。 「どのフリーランスを選ぼうかな?」と迷っている企業に 「私を選べば、こんなメリットがありますよ」 とアピールできなければ、選ばれるフリーランスにはなれません。 そのための7つの工夫についてお話しましょう。

ポイント1.納期の確認と交渉は初めにする

私はライターですが、Web上で掲げられている「ライター募集」のページや、エージェントから届く「ライター募集」のメールには、「納期厳守してくれる方」を条件として挙げているものが増えています。 そのいっぽうで、すでに取引のあるクライアントからは、 「たとえ1日、2日くらい納期を延長したとしても、あなたにお願いしたいのです」 と言われることもあります。 この違いはどこから来るかを考えましょう。

レビュー

まだレビューがありません

起業・独立・経営

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード