有料記事

【永久保存版】あなたの商品が飛ぶように売れる!?REQU魔法の出品テクニック集

3

10人以上が購入

■ただいまキャンペーン中です

(2019.5.24) 先着10名様まで、大特価でワンコイン(500円)で販売しています。 10名を超えたら2000円に戻します。 (2019.6.11) ご購入が10名を超えたので、価格を1980円に引き上げます。 内容ブラッシュアップと合わせて、30名を超えたら定価の3000円に戻します。 更に今なら、今日から使える『やまもと式!商品説明文テンプレート』をプレゼント中! ぜひこの機会に御覧くださいませ!

■はじめに

いま話題の「スキルシェア」サービス。 このREQU[リキュー]をはじめ、ココナラやTIME TICKETなど、この手のサービスがどんどん盛り上がってきています。 話によると、これらのサービスを駆使して月に数十万稼ぐような人が何人もいるとか、、 100万を超えた!なんて声もちらほら小耳にはさみます。 好きなことや得意なことを売り物にできて お金を稼ぎながら人の役に立てる、、なんて素晴らしい生活ですよね。 この記事では、そんな野望を持つ方々のために、 スキルシェアで売上を立てるためのテクニックをご紹介していきます。

■自己紹介

はじめまして、『WEBプロデューサーやまもと』と申します。 この度はこの記事をご覧いただき、ありがとうございます! 私はITやWEBが大好きで、昔から様々なサービスを作るぐらいのオタクです。 このREQUも好きなサービスのひとつで、2018年6月にリリースされてからほぼ毎日訪れては、タレントさんやインフルエンサーの方々の新しい商品に出会えることにワクワクしていました。 類似サービスであるココナラやタイムチケットも楽しく利用していて、最近だと妹の結婚式動画はココナラのユーザーさんに依頼してとってもコスパ良く作ってもらうぐらい。この手のサービスが好きです。 その中でたくさんの商品を見てきた中で、 世の中で誰よりも色々な「特技」を見てきた自負があります。 「どんな特技が商品として売れるの?」 「どんな商品がより売れるの?」 「どんな書き方がいいの?」 「自分に売れる特技なんてないんだけど、、」 などなど、特技を売ることに関しては知り尽くしていますので、ぜひ気軽にご相談ください^^

■こんな方に読んでほしい!

・商品を作ってみたものの、なかなか売れない ・どうしたらもっと素敵なページにできるか、悩んでいる ・もっと良くしたいけど、具体的にどこをどうしたら良いか分からない ・何がだめなのかが分からない そんなあなたでも、今日から取り入れられるテクニックの数々を提供します!

■目次

全9章立て、1万字超えのボリュームでお届けします。 ①『商品のオリジナリティ』をハッキリさせよう ②『誰を喜ばせるか』を明確にしよう ③『看板画像』にこだわろう ④『商品タイトル』を磨き上げる20個のワザ ⑤『販売価格』の考え方 ⑥『権威付け』を怠らない ⑦『実績』だけが信頼を生む ⑧『何を得られるの?』をクリアにしよう ⑨『買ったあとに起こること』をクリアにさせよう + 更に今なら、今日から使える『やまもと式!商品説明文テンプレート』をプレゼント中!

①『商品のオリジナリティ』をハッキリさせよう

まず始めに理解しておくべきこと。 それは、世の中には無数のライバルが存在するということです。 例えば「恋愛相談にのります」という商品があったとします。 誰かが恋愛に関して困っているとき、選べる選択肢は無数に存在します。 ・恋愛ノウハウについてGoogleで検索する ・恋愛ノウハウのWEBコラムを読む ・恋愛ノウハウの書籍を読む ・恋愛ノウハウについて発信しているTwitterアカウントをフォローする ・恋愛経験値の高い友達に相談する ・結婚相談所で専門家に相談する ... などなど。いくらでも想像できます。 そしてその中のいくつかの選択肢は品質が非常に高かったり、コスパが非常に良かったりするのです。 (専門業者や専門家がやっているのだから当然なのです) あなたは、そんな強い選択肢たちと比べられた上で選ばれないといけないのです。 Google検索にも勝たなければなりません。 さて、どうやって? コツは「自分の土俵で戦う」ことです。 ■自分の土俵で戦う=自分の得意なフィールドに絞る 「恋愛相談」は一見シンプルですが、とてもカバー範囲の広い商品です。 その土俵で戦っても専門家の知識量・経験量には勝てませんよね。 ただし、一点でも良いから専門家にも勝てる部分は?と考えると 勝てるポイントが見えてくることがあります。 (それは本人からすれば意外なポイントだったりします。) 「恋愛の悩み」と一口に言っても膨大なパターン・シチュエーションがあります。 例えば、 ・出会いがない ・出会いの場で切り出し方が分からない ・出会いの場での成功率が低い ・二回目につなげられない、付き合うに至らない ・付き合っても長続きしない ・長続きしても結婚に至らない などなど。 また出会い方をとっても、 ・合コン ・友だちの紹介 ・婚活イベント ・マッチングアプリ ・クラブ・ナンパ ・お見合い ・結婚相談所 など、たくさんのパターンがあります。 さらには年代別の悩み、コンプレックスのパターンなどなど... それぞれのパターンにおいて、必要な技術や知識は変わってきますよね。 これらから自分が得意なパターンを選ぶことが、「土俵を選ぶ」ということになります。 例えば「マッチングアプリ」が得意だとします。 マッチングアプリを使っていると、 ・なかなかマッチングしない ・なかなか返信がこない ・なかなか実際に会うに至らない ・会っても続かない などの悩みに直面します。 そこで、 「マッチングアプリで90%の確率で返事が返ってくる初回メッセージ」 だったり、 「マッチング率が倍になるプロフィール作成術」 「マッチング率が倍になる写真を撮ります」 といった切り口にしてみましょう。 とたんに、専門業者に勝てる気がしてきませんか? このぐらい絞ると、買い手にとってもメリットが分かりやすく 「そう、それが欲しかったんだよね!」と感じられるでしょう。 また適度なニッチさがあり、Google検索でも見つけられない価値ある商品になるはずです。 ・嫌がられずに5割の確率でLINEを聞き出すナンパ術 ・婚活イベントで、男性が話しかけずにいられなくなる自己紹介パッケージ ・恋愛運が開運する、あなたの魅力を引き出すメイクカルテ などなど、 この考え方に則ればいくらでも勝てるアイデアは浮かんできます!

②『誰を喜ばせるか』を明確にしよう

自分の特技は、誰にとって必要なものか? 誰が求めているものか?を必ず意識しましょう。 「誰」を意識するかによって、 商品名や価格、サムネイル画像などが変わってくるからです。 例えば、高校生向けの商品なのであれば お金を自由に使える立場ではないのでリーズナブルな価格設定でないと買われません。 例えば、男性向けの商品なのであれば サムネイル画像のトンマナはクールな印象のものが良いかもしれません。 「誰」に売るかによってすべての要素が変わるぐらい、 商品を考えるにあたっては意識した方が良いでしょう。 そして「誰」が意識できたなら、その人の抱える悩みを想像しましょう。 例えばダイエット一つとっても、 20代の女性であれば「夏までの1ヶ月で痩せたい」かもしれませんし (有料部分 7000文字以上)

レビュー

(2)

まだレビューがありません

デザイン・写真

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード