有料記事

すぐ始められる!お手軽節約tips9選

1〜9人が購入

Supported by REQU

はじめに

「節約」と聞くとなんだか苦しそうなイメージがありませんか? 食べたいものが食べられない、ほしいものを我慢しなきゃいけない、電気を消したかどうか細かくチェックするのめんどくさい・・・など、マイナスなイメージが大きいですよね。 「節約」をはじめるからって、全部を全部セーブしなきゃいけないわけではありません。 あなたの中で、「これだけはやる!」を1つ決めて取り組むだけで少しずつかわってきます。 この記事ではお手軽に始められる節約術を9つ紹介します。 読んだその日に1つ「これだけはやる!」を決め、まずは1週間試してみましょう。

自己紹介

名前:ラテ子 一人暮らし歴も、はや7年目となりました。 実家を飛び出した1年目のころ、本当にお金がなくて月8万のバイト代で過ごすカツカツ一人暮らしをやむなく開始。 さすがに最初はお金がなさすぎて気が病むかと思いましたが、社会人になった今、貧乏生活のときに得た知識も取り入れながら幸せでハッピーな楽しい節約ライフを送っています。 できるところは節約し、自分の好きなことにより多くのお金を割くことに喜びを感じる心底節約ラバーです。 今回の記事も、そんな一人暮らしの女性向けです。

目次

~初級編~ ① 一人ごはんは一食500円以内にしてみよう ② タコ足電源タップは、スイッチつきを使おう ③ 徒歩15分圏内は歩こう ~中級編~ ① 日用品・文房具・コスメは使い切りを意識しよう ② キャッシュレス生活と家計簿アプリをはじめよう ③ 夜型→朝型に転換しよう ~上級編~ ① 「ラテファクター」を始めよう ② 食費は「週〇〇円」と決めて、その分だけ週末に買いだめしよう ③ 月に1回、断金生活週間を実施しよう 終わりに

初級編①一人ごはんは一食500円以内にしてみよう

友達と一緒にごはんを食べるときは、値段を気にせず食べたいものを食べたい! これはわたしが友達と会うときの思いです。そのぶん、一人で食べるごはんはそんなにいいものでなくてもいいな〜なんて思っています。 一人で食べるごはんを500円以内に収め、節約した分を他の交際費にまわしたほうがわたしはハッピーです。 500円あれば、コンビニで十分なごはんを買うことができますね!

初級編②タコ足電源タップは、スイッチつきを使おう

使っていなくても、コンセントをずっとさしっぱなしにしているだけで「待機電力」が発生しているのをご存知ですか? 待機電力は、1家庭で年間10000円に及んでいることも・・・ スイッチつきのタコ足電源タップは、使っていないときはパチンと消しておくだけで待機電力をOFFにしてくれます。 スイッチを消す手間をとるか、年間10000円をとるか・・・ あなたの価値観で決めてみてくださいね。

初級編③徒歩15分圏内は歩こう

目的地まで「徒歩15分」と書いてあると、ちょっと歩くのはめんどくさいな・・・と思っちゃう距離感です。 そこを、バスやタクシーを使わずに頑張って歩きましょう! もともと散歩をするのが好きなので、わたしの場合は徒歩30分圏内であれば歩いて行ってしまうことが多いです。 そして浮いた交通費でおいしいものでも飲みましょう♪

以下、各項目ごとに5~10行の文章が入ります。

レビュー

(1)

まだレビューがありません

マネー・家計節約術

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード