有料記事

「友達の挑戦、おしゃれハウス」ガイドブック

1

1〜9人が購入

ご購入頂きありがとうございます。 今回はほぼ無料の形で新作を公開させて頂いたので、ガイドブックは別に有料という形で売り出させて頂くことにしました。 ただこのガイドブック、今回は本当に半日くらいかけてみっちり書いております。 私の小説作品は文章描写などすごい難しいところがあると思います。 こちらのガイドブックを見ながら、もう1度是非ごゆっくり読んで頂ければ幸いです♪ では、設定・参考資料をご紹介しようと思います。

今回は2つの動画をモデルに合わせてカットシーンを描写しています。 まずは刈り上げシーン。 この先にバックの長さをプレカットで決めてから、残った髪を一気に刈り上げていくってスタイルがすごくいいんです。 この動画を見たときにこれ書きたい!ってめっちゃ思いました。 逆ツーブロックみたいなウルフになるのいいですよね。これも定番でここからすっきり刈り上げてしまえばおかっぱです。 この手のヘアスタイルでブロッキングせずにバリカンで刈り上げるというシチュエーションも決め手でした。 またサイドの髪はお馴染みのツーブロックブロッキングでの刈り上げ。 ここも一旦バリカンを置くという形で表現を分けてます。 この刈り上げシーン、いかに正確に書きつつも躍動感を出すか、毎回大変です。 今回はちょっと後者も入れられたかなと思います。

(本文より) めっちゃ高く椅子が上げられていて、 床下と白いクロスの上には沢山の切りくずが乗っている。 それで下を俯いて、バリカンをぐいぐいと入れられている姿。 私は一瞬理解できなかったけど、サイドの髪を見てすぐに分かった。 私は一旦2番の席に再び着席する。 ただもう隣の空ちゃんに顔も目も釘付け。 空ちゃんは下を俯いたまま、こっちを気にする様子はなかった。 ただ堪えてる、って感じの表情。 空ちゃんの髪はサイドが肩くらいの長さでばっさり切られてた。 今までは胸くらいまであった髪。今の大雑把な姿より1.5倍くらいは綺麗なミディアムヘアーがあったのに… 切られた長い毛くずがクロスの肩の上に乗っている。 バックはもう耳の高さくらいでライン上で切り揃えられていた。 それより下の伸びてる髪が今バリカンで刈られてる。 私が見たときには既に右後ろの頭はバリカンによって、その高さにある程度刈られていた。 今は左後ろの髪のカット。 ネックシャッターの真ん中くらいまででざく切りされた髪が、バリカンによってさらに刈られていく。 女性店員はコームをバリカンの刃に当てて、“ジジジジ” という感じで刈っている。 徐々に生え際が現れてきて、女性店員は再び頭をもっと俯くように頭を軽く抑えた。 空ちゃんの視線はすっかりクロスの上。 こっちからだとピンク色のネックシャッターと首筋がとても露わになってよく見える。 女性店員は生え際からコームで斜めにグラデーションを作るように刈り込みを始めた。 コームにバリカンを刃を当てて、横で “ザザザッ” っと入れたり、縦に入れて刈り上げの微調整をしたり。 刈り上げ自体は耳の下のくらいまでの高さだったからそんなに範囲はない。 ただその部分が綺麗にバリカンでの刈り上げ跡にはなってて、あと空ちゃんがこの下を俯いてバリカンで刈り上げをされてる姿っていうのがとてもじゃないけど、今までの私からは想像できるものではなかった。 女性店員は最後にコーム無しで生え際の髪をズズズっと刈ってる。 なんとなく耳から斜め後ろくらいの所が結構首の方に生え際が伸びてて、そこを丁寧に刈り込みしていた。 首の中央は今のグラデーションの一番下がそのまま地肌になってるからそれに合わせる為。 でも完全に刈り上げるんじゃなくて、自然に残してる感じもあった。 それが終わると、一旦バリカンのスイッチが切れた。 結構ずっと“ヴィーン” という音は鳴っていたと思う。 今度はこっち側に女性店員が寄ってきた。 私のことを一瞬気にしたのか、私よりも鏡側の方に立つ。 空ちゃんは下を俯いてた顔を上げて、動じず鏡を直視していた。 私なんかよりも空ちゃんが椅子を高く上げられているから、同じ高さというよりも今は少し見上げる感じ。 女性店員は髪を、おでこの眉毛と生え際の真ん中くらいの高さで耳上から前の髪を上と下に分けた。 同時に耳上からバックにかけても、その高さとさっきのバックの刈り上げラインに合わせて、右肩下がりな感じで上下に分けた。 再び鏡棚からバリカンを手に取るとスイッチを入れる。 “ブィーーン” という音が美容室全体に響いてる、 女性店員はコームでブロッキングした下の髪をすくうと、生え際からすぐの所で持ち上げて、バリカンをそこに当てた。 “ジジジッ” という音ともに、ざく切りされていた肩くらいまであった10cm位の長い髪が一気に刈り落とされる。 こっちでも “バタバタ” と聞こえるくらい、クロスに切りくずが当たっていった。 美容師さんがちょっと私の左手に立ってくれているから、私が背もたれの方に寄りかかれば刈られてる姿がよく見えた。 続けて揉み上げの方に下に向かって同じ長さで刈り上げを作っていく。 コームの手捌きと、バリカンを横に滑らせて一瞬で刈り込んでしまうこの美容師さんは中々上手い。 続いて耳上の髪から、バックにかけても同じような長さ。 コームで髪をすくって、生え際からすぐの所でバリカンを当てて刈っていく。 一気に耳が露わになって、耳周りが全て数mmの刈り後になっててスッキリしてる。 女性店員は何回もコームでバリカンを入れて、刈り 上げを一定にして刈り残しをなくす。 最後に襟足の方まで繋げて、上側の髪のブロッキングをといた。 バリカンが“ブィーーン”という音を上げたまま、今度は右サイドへと移っていった。 女性店員が右に回った所で一旦バリカンは止まった。 左と同じようにブロッキングをされている様子。 そしてまたバリカンのスイッチが入って刈り上げが始まった。 こっちからだと刈り込みは見えない。 ただ途中で切られくずがカットクロスに落ちていく姿はよく見える。 多分左サイドと同じ感じで刈り込みされてるはず。 私なんかでも襟足のほんの少しの部分だけで、空ちゃんのは私よりもよっぽどな刈り上げ。 バリカンが唸っている時間もとても長い。 最後の襟足の方の刈り上げだけはこちら側からもよく見えた。 右サイドに移ってから2分位経って刈り込みが終わる。 こちらもブロッキングを元に戻した。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レビュー

(1)

まだレビューがありません

その他(動画・音楽・文章)