有料記事

【G1サラブレッドクラブ】22年度募集馬全頭完全評価(レビュー)関西編

20人以上が購入

【G1サラブレッドクラブ】22年度募集馬全頭完全評価(レビュー)関西編  これまで相馬で数々のG1馬を掘り当ててきたカンパイ氏によるG1サラブレッドクラブ2022年度募集馬の「全頭完全評価(レビュー)」関西馬編。独自の理論に基づく【耐調教値】【血統】【早勝値】【潜在能力値】【総合評価】をそれぞれS~Cの4段階で評価している。さらに綿密な分析などに基づく解説を1頭ずつ丁寧に紹介。出資の際に大きな味方になってくれるだろう。 ※いずれの評価も独自分析によるものです。その馬の活躍を保証するものではありません。 【評価例】 G30パーソナルダイアリーの19 (ディープインパクト、メス、150万円、矢作 芳人) 【耐調教値】A 【血統】S 【早勝値】A 【潜在能力値】S 【総合評価】S  5月生まれながらすでに404㌔ある点は好感。最新動画を見るとまだまだ幼い体形で、その分前脚の出が硬く映るものの、後肢の伸びは素晴らしいので成長とともに高レベルの歩様を見せてくれるだろう。トモの容量はとても遅生まれとは思えない迫力。この馬が今年のG1TCの目玉であり、一番馬だろう。

レビュー

まだレビューがありません

競馬

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード