有料記事

①産み分け*着床前診断*エージェント*費用*裏ワザ

1

10人以上が購入

初めての有料記事です♪(*´꒳`*) 着床前診断を真剣に検討されている方、まだ検討を始めたばかりでよく分からないけど、興味はあるという方にもわかりやすいようにお伝えしたいと思います。 この記事は自分が着床前診断を検討した時に知りたかったこと、私が今知ってる全てのことを載せました。ボリュームたっぷりの内容になってるので参考になれば嬉しいです♡ まず、着床前診断を検討するにあたって、1番最初に考えることがお金とエージェントのことだと思います。お金はもちろん、大切な受精卵や細胞を輸送するエージェントも大事ですよね。 では、そのエージェントに依頼する場合一体いくらかかるのか?どんなことをしてもらえるの?どこのエージェントでも内容は一緒?検査機関は?詐欺じゃない?信頼できる?事故などは無いの?コロナ禍の影響は? たくさんの疑問があると思いますが、少しでも解決できたら嬉しいです。 この記事は、すでに着床前診断に向けてエージェントとの面談や資料請求などを行っている方や契約済みの方には知っている内容も多く含んでいるかもしれません。 ですが、私は2018年から何年にもわたって着床前診断について情報を集めてきたので、その間にあった医療ミスや事故、事件?裁判など…ぶっちゃけどうなの?みたいな話もたくさん載せてます。 タイミングが悪ければ私も何度かトラブルに巻き込まれていたかも。。トラブルを避けるためにも是非一読をお勧めします♪ 実際私が問い合わせをしたエージェントは具体的にB社、G社、F社、そしてO社の計4社です。 私はこの4社のうちから1社を選び採卵を開始しましたが、最終的にはこの4社では無いエージェントに変更しました。何故変更したかについてはまた別の記事で書きますが、どうやってエージェントを変更したのか、契約の裏ワザなども書いていきたいと思います♪ また、エージェントが提携しているそれぞれのクリニックなどの情報は、次回のクリニックの記事で掲載予定です! この情報は2018〜2022年の間に集めた情報であるため、現在は変更されている箇所があるかもしれません。そこまで極端な変更はないかと思いますが、契約する際には今一度ご自身で最新情報をご確認ください☆

レビュー

(2)

まだレビューがありません

妊活・子作り・妊娠準備

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード