有料記事

ただ混ぜるだけなのに【売れるレベル】の超簡単生チョコレシピ

口に入れた瞬間、すっと溶けて消えてく生チョコレート

このレシピは当初、私自身が商品として作りEC販売をしようと考えていたものです。 何十回と試作を重ね、理想の食感、味わい、風味にたどり着きました。 正直、1000円でも安いと思っています(笑) それだけ有力記事になると自負しております。 材料は、どれもスーパーで買えるものです。ですが【たった一つの隠し材料】を入れることで、滑らかさ、クリーミーさが段違いに変わります。 普通の生チョコレートと同じ材料なのに、【たった一つの材料】と、たくさんの試作を重ねて導き出した分量が、このとろける生チョコレートを実現するのです。 それを今回は、作り方の手順を一つ一つ丁寧に写真付きで公開致します。 是非一度、ご自身で作って頂き最高のとろける食感とチョコの風味をお楽しみ下さい。

材料

・チョコレート68%(60%〜70%前後がオススメ) ・生クリーム38%(動物性)※なければ35・36・42%でもOK ・グラニュー糖 ・水あめ ・バター(無塩) ・【秘密の材料】 ・ラム酒(なくてもOK) ・カカオパウダー(まぶし用) ★分量は、有料購入後に閲覧できます★

機材

・ゴムベラ ・ボール ・鍋 ※ホイッパー(泡立て器)は空気を入れてしまうため使いません! ゴムベラで終始一貫して行います。

補足説明

★【秘密の材料】と分量は、有料購入して頂いた方のみが閲覧出来ます★ *チョコレートや、生クリームの%の違いによって、若干の仕上がりのテクスチャに影響が出てきます。 ※チョコレートの%が高ければ高いほど、チョコに含まれる砂糖の量が少ないです。 ※生クリームの%が上がるほど、乳脂肪が増えコクや、ミルク感が増します。必ず動物性を使って下さい。 *アルコールを含む配合ですが、なくてもOK。あると大人の風味を一層に味わえます。(ホワイトラムがオススメ!)

準備

①全材料を軽量します ②バターをラップに包み600Wで10秒→裏返し→5秒で加熱し柔らかくします。(決して溶かさないように) ③鍋に、水あめとグラニュー糖、生クリームを入れて一つにします。 分量はこちら↓を御覧ください

分量と材料

レビュー

まだレビューがありません

スイーツ・お菓子作り