有料記事

2022年~変化と覚醒の年(5)

1

70人以上が購入

~はじめに~

皆さん、こんにちは。 桜の開花はまだ先ですが、北海道も春らしくなってきました さて、今回は「ジョセフ・ティテル氏の予言」はお休みにして、 先月、私が新たに発見したことと、A情報の一部をお届けします。 本来は10日にアップする予定でしたが、A先生が「4月8日」に 触れておりますので、急遽アップすることにしたものです。 守護靈さん曰く「今回のA情報は概ね本当だ~」とのことです。 なお、4日は記事更新をお休みさせていただきます。

~3人のヘンリー~

ビル・ゲイツ氏、ヘンリー・キッシンジャー氏、ヘンリー王子です。 「Henry」のギリシャ語ゲマトリアは『765』➡7+6+5=18。 「ビル・ゲイツがどうしてヘンリーなの?」 『世界は聖書の預言どおりに動く(14)』の購読者様はご存知ですが、ビル・ゲイツ氏の本名は下記の通りで、どういうわけか、英王室のウィリアム王子、ヘンリー王子の名前が入っているのです。 ですから、3人とも『ヘンリー』なのですよ~(驚) (過去記事) 世界は聖書の預言どおりに動く~(14)(3/1) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12729492465.html

30年ほど前に大ブレイクした『ノストラダムスの大予言』を読んでいた際、記憶にとどめておこうと思った名前がありました。 それが「ヘンリー」という名前で、「ヘンリーという人物が現れたらいよいよ第3次世界大戦が始まる~」という内容だったはずです。 手元に本書がありませんので、確かめようがないため間違っているかもしれません。その場合はごめんなさい~m(__)m (過去記事) 黙示録の‟反キリスト”と「ノストラダムスの大予言」(2020/3/25) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12582746953.html

「Henry」のギリシャ語ゲマトリアは『765』でしたね。 上図は2019年の過去記事で採用したものですが、弥勒菩薩が下生しましたら『567』になるので、出口王仁三郎氏は『567=ミロク』と呼びました。 つまり・・・3人のヘンリーは、その逆の『765』なのです。 弥勒(ミロク)の逆ですから、反キリストなのでしょうか? (過去記事)弥勒下生の暗号~「五六七」(2019/10/25)https://ameblo.jp/agnes99/entry-12538915884.html

レビュー

(10)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ