有料記事

スピリットと女の始まり

1〜9人が購入

3月3日の魚座新月に私は宮古島にいました。 初めての飛行機、初めての沖縄。しかも一人。 なんでそんなことになったかというと、しばらく前から行きたいと思っていたことと子供の頃から憧れたのは沖縄だけだったから。 なぜか私の中でタイミングが訪れて、速攻予約。しかも予想したよりもかなり安いツアー料金が見つかった。  宮古島には知り合いがいたんで、その彼と待ち合わせをし宮古島の隣の神島に連れて行ってもらったり、植物園に案内してもらった以外は丸っきり一人。  海が見える部屋ではなかったものの、窓からは一面に広がるサトウキビ畑。晩御飯を外で済ませようと思ってたのに、なぜか夕方早めにホテルの部屋に戻ってしまった。  ホテルの部屋には暖かく柔らかい西陽が入ってきて、ちょっと贅沢のつもりで取ったツインベッドの上に陽が映る。  心地いい部屋で、テイクアウトしたガーリックシュリンプとビールを満喫し、普段考えてることは一切に思い出さないで、YouTubeを見たりいつの間にか寝ちゃったり。自分の家でも出来る事を遠い南の島でもやってました。  たった2泊3日の宮古島旅行。海で泳ぐ時期ではないし、ワイワイするわけじゃない。ただ自分一人で行きたい所に行き、ダラダラと過ごし、南の島の力強いエネルギーを受取りたいだけ受け取って帰ってきた。  この3日間が私のエネルギーをガラッと変えました。 何がなんだか自分でも分からないけど、変わったんです。 まず体。幼いころからの便秘症。それが徐々に治ってきた。それはその後の出来事で、さらに整ってきたけど。 そして女性の毎月のもの。私は精神的なところが体に現れやすく、毎月の生理は気持ちの変化のまんまの状態になる。 婚姻時代はストレスが強かったみたいで、まともな生理は来ていない。私たちの間に子供は授からなかったのは、これが原因だと思う。自分では気付いていなかった。量が少ないだけだと思ってたし、今思えば排卵が起こっていなかったんじゃないかと思う。  それが別居をした途端、量が増えキレイなものが出るようになった。その時に「ストレスって子宮で感じてるんだなあ」て思った。 一時とても順調な状態になったけど、それも年齢のせいか落ち着いてきたところで宮古島行き。かな

レビュー

(1)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ