有料記事

Web集客を始めるまえに考えておきたい7つのポイント

はじめに

在宅ワーク、SOHO、ノマドワーキングなど様々な言葉が誕生し、広く認知されるようになりました。起業に関する皆さんの心のハードルは、非常に低くなったのではないでしょうか? フリーランス、経営者としてスタートを切る時点で、十分な人脈を築いていて、取引をしてくれる人や会社も既にある、という人もいるでしょう。 しかし、様々な事情で「ともかく明日から、仕事をさせてくれる取引先を見つけなければならない」と焦っている人もいるかもしれません。 実は私自身が、人脈ゼロの状態からライター生活をはじめました。そして、介護などの事情を抱えていたため、自宅を長時間、留守にすることもできず、インターネットでの営業活動、Web 集客に頼らざるを得ない状況でした。 Web 集客といえばまず考えつくのがホームページ作りやブログの運営です。 しかし、ホームページやブログのデザインを考え、記事を更新し、お客様を呼びこむ力がある状態にまで育てていくのは、時間と労力がかかります。 せっかく、時間と労力をかけるのであれば、集客効果の高いホームページやブログを作りたいですよね。 そして、 「Web 集客という方法は、1 つの良い方法ではあるけれど、必ずしも Web 集客だけに頼り切る必要はない」 と、私は考えています。チラシ配布やダイレクトメールの送付などを優先すべき場合もあります。 やみくもにホームページ作りに取り掛かるよりも、まずは考えていただきたいことを、7つのポイントに分けてご紹介します。皆様のお役に立てましたら幸いです。

Point1:どのくらい売上を向上させますか?

◆現状を分析すれば、改善すべき点が見えます 「集客」という言葉に興味を持つ皆さんは、売上・利益をもっと向上させたいという思いがあるでしょう。 ここで、まず考えていただきたいことがあります。 ・現在、あなたは1日何時間、仕事をしていますか? ⇒労働時間を増やす余地はありますか? ・現在、あなたには1日何件の依頼が来ますか?  ⇒それ以上の依頼を、引き受ける余地がありますか? ・現在、あなたの売上は1日いくらですか? ⇒それを引き上げるための具体的な方法を考えたことがありますか? 極端な例ですが、 「1日10時間働いているのに、売上は1,000円程度しかない」 という場合、まずは客単価や1時間あたりに上げられる利益の額を向上させなければなりません。今の単価のままで、労働時間を増やしたり、依頼数を増やしたりしても、売上が大幅に改善することはないでしょう。 ・1取引、1契約あたりの単価を思い切って上げること ・安く買いたたかれないような信頼できる取引先を見つけること が重要となるでしょう。 逆に「まだ新規開店したばかりで、1日に1人しかお客様が来ない。でも、1度来店したお客様の支払い額は数万円といった金額になる」という場合には、まず多くのお客様を呼び入れることが重要となるでしょう。 ・働いている時間 ・1日あたりの来客数、契約数 ・1日あたり、顧客1人あたりの売上・利益 などをもとに現状を分析し、改善すべき点を把握しましょう。

レビュー

まだレビューがありません

SNS・ブログの運用・集客

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード