有料記事

抗がん剤治療-TC療法とアバスチン(TC+Bev)の副作用経験と対処

ごあいさつ

良性腫瘍とされていた前がんの病変がみつかってから4年目になるがん患者です。婦人科系で卵巣or卵管腫瘍と子宮腫張を観察しているうちに子宮頸がんが見つかり、CCRTや三週間にいちどのTC療法(アバスチンあり)を受けています。 無料ブログにも日々をつづっているのでそちらもぜひご覧ください。 また、静岡がんセンター、国立がんセンターが公開する患者向け情報をよくみさせていただいています。非常に有用ですので、この記事をよむときに合わせて参照いただきたいです。 記載内容は、おそらく I期の方や自覚症状が無く普段健康に過ごしている方なら問題がないかもしれませんが、ご病気の状態によっては避けるべきもあると思います。適用時は自身の医療スタッフに相談をしてくださるようお願いします。

目次

TC療法の最中にでた副作用3つと備え方 ●皮膚のカサカサ・手足症候群 ●手足のシビレ・末梢神経障害  冷却療法、圧迫療法 ●アバスチンによる鼻血と高血圧

TC療法を受けるときにでた副作用3つと備え方

●皮膚のカサカサ・手足症候群 https://ganclass.jp/confront/associate/skin02.php ふだんニベアを使うようにしていますが、三週間に一度のTC療法3クール目以降に、指の皮膚とカカトがカサカサしてきました。 →ニベアに加えてヒルドイド・ヒルマイルドという尿素入りローションやクリームを導入しました。カカトは厚くなりやすく、尿素入りローション・クリームに加えて数か月に1度のピーリングで柔らかく保つようにしています。 普段のお手入れや人によるとおもうのですが、厚くなりすぎて切れるまえにピーリングで対処した方が良いと思います。 ●手足のシビレ TC療法に含まれるプラチナ系金属によるがん細胞分裂阻害の副作用です。「感覚神経」とよばれる神経が障害されるため、手指や足の指先、進んでくると手のひらや足首あたりまでのシビレを感じます。 すくなくとも子宮頸がんは手・腕や足脚への転移はきかれません。副作用だけに苦しむ必要は全くないと考えました。 -冷却療法

レビュー

まだレビューがありません

その他(美容・健康)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード