有料記事

「不動産投資簡易シミュレーションソフト」買って良い物件/悪い物件がわかります!

こんにちは!「ゆめたか大家」と申します。 私は2012年に 自己資金300万円、投資金額134万円で 不動産投資を始めて 資産○○○○万円、家賃収入○○○万円 になっている大家です。 ブログやメールマガジンもやっておりますので ご存知の方もいらっしゃると思います。 (ブログ) http://bit.ly/yumetaka-history (メールマガジン) https://www.mag2.com/m/0001569235 今回は、私が資産を増やした秘密兵器であり 「ココナラ」でランキング1位になった事もある 「不動産投資簡易シミュレーションソフト」を ご紹介させていただきます。 http://yumetaka365.blog.fc2.com/blog-entry-537.html 不動産投資は 「物件購入時」には、諸費用が必要になり 「物件保有時」には、空室、経費、税金が関係し 「物件売却時」には、退去、解体、税金が関係します。 また不動産投資は融資を受ける事ができますので 自己資金に対する資産増加割合を計算するのは困難です。 しかし不動産投資の「本当の利回り」を計算しないと 「買って良い物件/悪い物件」の判断はできません。 そしてこの度 私の知識と経験を投入して 不動産投資における実際の収支の再現を目指した 「不動産投資簡易シミュレーションソフト」 を作製しました。 このソフトの説明書を読んでいただき このソフトを使っていただければ 「大家目線」「投資家目線」で 「買って良い物件/悪い物件」の判断ができるようになります。 ご提供する内容は 以下の6部構成になっています。 1不動産投資簡易シミュレーションソフト 2築古物件(RC、鉄骨)簡易シミュレーションソフト 3築古物件(木造)簡易シミュレーションソフト 4シミュレーションソフト使用法 5土地値物件の特殊性 6表面利回り15%の築古RCと築古木造戸建の比較 1~3のシミュレーションソフトはXLSX形式です。 ・マイクロソフトのエクセル ・アップルのナンバーズ ・WPSオフィスのスプレッドシート ・リブレオフィスのカルク で動作します。 4~6のソフトの使用法の説明書はPDF形式です。 ・アクロバットリーダー ・WPSオフィスのライター ・マイクロソフトエッジ ・アップルのサファリ で閲覧できます。 このソフトはパソコンかタブレットでお使い下さい。 スマートフォンでは画面が小さくて、使用は無理です。 「不動産投資簡易シミュレーションソフト」が 皆様のお役に立つ事を、心より願っております。

レビュー

まだレビューがありません

不動産投資

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード