有料記事

世界は聖書の預言どおりに動く~(7)

4

70人以上が購入

≪目次≫ ~はじめに~ ~イエスが預言した「終末の前兆」とは~ ~ダニエルの70週~ ~大患難時代の前兆の始まりに諸説あり~ ~パンデミックは100年ごとに現れる?~ ~F社の内部文書を告発する人~ ~【コロナ】今、甦る「世紀の予言」(1)~ ~【コロナ】今、甦る「世紀の予言」(2)~ ~【コロナ】今、甦る「世紀の予言」(3)~ ~【コロナ】「出口王仁三郎の予言」とも一致~ ~終わりに~

~はじめに~

皆さん、こんにちは。 台風14号が日本列島を横断中ですが、太田裕美さんの『九月の雨』となってしまいました。被害がないことをお祈りします。 さて、過去記事で「ある有名な人物が残した『予言』を調べていましたら、コロナに関係ある国に辿り着き・・・」と申し上げましたが、やっと記事が完成しました。 海外は分かりませんが、少なくとも国内で気がついている方はいないと思いますので、今回は567円という料金設定にさせていただきました。m(__)m 月刊ムーの三上編集長、TOCANAさん、電話取材オーケーです!(冗談だけど~W) (過去記事) 気になることには意味がある(96)(9/13) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12697675656.html

~イエスが預言した「終末の前兆」とは~

(上図)「説教をする洗礼者ヨハネ」 ◆ルカの福音書(第21章10~11節) イエス・キリストは、世の終末が近づいたときの前兆に関し、次の言葉を残しているそうです。 ――民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。 また大地震があり、あちこちに疫病や飢饉が起こり、 いろいろ恐ろしいことや、天からのものすごい前兆があるであろう―― ◆大患難時代の前兆(順番に起きるとは限りません) (1)偽キリストの出現 (2)戦争やテロ (3)地震 (4)疫病、飢饉 (5)民衆蜂起と迫害 (6)教会の背教と腐敗 (7)天に異変 (8)エルサレムに第三神殿再建 前兆の解釈には諸説あり、(8)を含んでいいのかは不確実です。

~ダニエルの70週~

◆ダニエルの70週 ダニエル書(第9章25節)では、「7週」と「62週」が出てきます。 足すと69週。同章27節に「1週」が出てくるので、全部で70週です。 ★1週間を7年と解釈する 7年×70週=490年(7週、62週、1週の3段階に) ユダヤ人が世界に離散した時期は含みません。 ◆大患難時代は前期(3年半)と後期(3年半) その後にイエスが再臨すると云われています。 それで終わりではありませんが、今回はここまでです。 ★ダニエル書(12章7節) 「一時と二時と半時」は三年半と解釈されている。 ★ヨハネの黙示録(11章3節) 「千二百六十日間」と書かれている。 ★ヨハネの黙示録(11章2節・13章5節) 「四十二か月の間」と書かれている。 なお、ユダヤ暦では1ケ月を平均30日として数えるため、42ケ月は1,260日であり、3年半となります。 (参考)患難時代(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%A3%E9%9B%A3%E6%99%82%E4%BB%A3

~大患難時代の前兆の始まりに諸説あり~

では、前兆期の始まりはいつなのか? 第一次世界大戦(1914年)という人もいれば、第二次世界大戦(1939年)、9.11同時多発テロ(2001年)だという人もおり、様々です。 私見ですが、「地の時代」と「風の時代」が重なっている頃かな? オリンピックという側面から考えますと、強欲な商業主義に変わったロサンゼルスオリンピック(1984年)は、終末の前兆という気がします。

(上図)「ヨハネの黙示録」に描かれた疫病に苦しむ人々 過去記事で取り上げました私が予想する「偽キリスト」の誕生日を調べてみたところ、なんと!ロス五輪開催の1984年でした・・・こわっ! オイオイ・・・2018年結婚といい、マジなんじゃないの~( ゚Д゚) (過去記事) 世界は聖書の預言どおりに動く~(4)(8/2) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12689880379.html 世界は聖書の預言どおりに動く~(5)(8/27) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12694514896.html 世界は聖書の預言どおりに動く~(6)(9/7) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12696627228.html

~パンデミックは100年ごとに現れる?~

レビュー

(9)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ