有料記事

小学校受験 合格を引き寄せる面接準備・心得

小学校受験 合格を引き寄せる面接準備・心得

いよいよ始まる、小学校受験の面接にあたり、 ご不安なことも多いかと多いと思います。 当日、普段通りの自分を出すことは、お子様だけでなくご両親様 にとっても至難の業です。 しかし、ご家族が一丸となって支え合うことで、面接官にも良い 印象を与えられます。 面接官が何を見て、どのように質問をするのか。 実際の面接の場面を想定、シミュレーションしてみてください。 今回は小学校面接に向けて、「事前にチェックすべきこと」と 「当日の注意点やポイント」をまとめております。 ぜひ、志望された学校への合格の一助になれば幸いです。

目次

「事前にチェックすべきこと」編  ①面接で学校側は何を見ているのか?            ②親子一緒に面接練習をする  ③印象をよくする服装を選びましょう  ④当日持っていくものを準備する  ⑤親と子の心構え 「当日の注意点やポイント」編  ①面接当日の控え室での過ごし方  ②入室時の注意点  ③着席時の注意点  ④よい応答のポイント  ⑤退出時の注意点  ⑥面接の心得20

「事前にチェックすべきこと」編 ①面接で学校側は何を見ているのか?

■まずは面接の形式を確認しましょう  面接の内容は小学校によってさまざまですが、面接形式は大きく下記の3つに分けることができます。直近ではコロナウイルスによる影響で従来の面接形式から変更している学校も増えておりますので、必ずHPや入学願書の案内等で確認するようにしましょう。 ・本人面接(子供のみで行う面接) ・保護者面接(保護者のみで行う面接) ・親子面接(保護者と子供が一緒に行う面接) ■本人面接のチェックポイント  子供のみで行う面接では、主に年齢相応の基本的な生活習慣や態度、話す力、聞く力、理解力などが身についているかどうか、本人が学校で、他の子供たちと一緒に学んでいくことができる子供かどうか、などを見られています。  名前や住所、受験番号、幼稚園(保育園)名、園や家庭での生活や道徳的判断、試験当日のことなどについて質問されますが、答える内容はもちろん、答えているときの態度も見られていることを覚えておきましょう。 ■保護者面接のチェックポイント  保護者のとの面談は、子供を取り巻く家庭の雰囲気や状況を確認するためです。質問は、保護者の人柄、教育方針、子供への接し方、志望理由を知るためのものが多いのが特徴です。  一番大切なことは、育児や教育において、両親が共通の見解を持っているか、父親も子育てに協力し、夫婦間に温かい信頼関係があるかどうかです。事前にご夫婦で多く出される質問事項について、よく話し合っておきましょう。 ■親子面接のチェックポイント  親子面接では、家庭の雰囲気、子供への接し方、父、母、子のバランスや関わり方などを見ています。質問は子供に向けて行うことも多く、子供が答えているときに、両親が子供を信頼し、落ち着いて見守っているかどうかなども見ています。その場でうまく答えるということより、親子が日頃からともに活動し、自然な一帯感がにじみ出るようにしておくことが大切です。

レビュー

まだレビューがありません

お受験