有料記事

世界は聖書の預言どおりに動く~(6)

50人以上が購入

≪目次≫ ~2017年2月に「第12の洞窟」が発見された~ ~第一、第二、第三神殿について~ ~「最終戦争の起点」は1948年5月15日~ ~2018年5月14日に何が起きた?~ ~2021年5月11日に何が起きた?~ ~「ダニエル書」・憎むべき者の翼の上に~ ~「ダニエル書」・定められた破滅が荒廃の上に~ ~「感謝の詩編」・滅びの矢とは?~ 以下は枠ちゃんに関してです。 ~【謎のおまけ】風の時代は‟神と学の力比べ”~ ~【謎のおまけ】映画「天国と地獄」の路地裏~

~2017年2月に「第12の洞窟」が発見された~

(上図)『死海文書』の発見を紹介するヘブライ大学のHP ◆死海文書を収めていた“第12の洞窟”ヘブライ大学が新発見(2017/2/10)https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/10/news092.htmlttps:// 死海の北西に位置する遺跡「ヒルベト・クムラン」周辺で、死海文書を収めていたとみられる洞窟が発見された。 調査を主導するイスラエルのヘブライ大学は、この発見をこれまで死海文書が発見された11の洞窟に続く「第12洞窟」としている。 第11洞窟の発見は1956年のことで、第12洞窟は61年ぶりの発見となる。

今回の調査では、ユダヤ教における第二神殿時代(紀元前516年~70年)の文書貯蔵瓶が発見されたが、すべて破壊され中身は失われていたという。 同時に1950年代のものとみられるツルハシも発見されており、盗掘に遭っていたと推測される。 文書こそ見つからなかったものの、調査団は筆記用に処理された羊皮紙が、瓶に巻かれていることを発見。これは洞窟から持ち去られたものが文書であることを示すととらえている。(一部転載終了)

~第一、第二、第三神殿について~

復習しますね。 ★第一神殿(ソロモン神殿) 紀元前10世紀、ソロモン王によって建設されたが、その後、新バビロニア王国によって破壊されました。 ★第二神殿 紀元前538年、バビロン捕囚から解放され、エルサレムに戻り、神殿を再建しました。 (補足) 紀元前20年にヘロデ大王によって改築されましたので、改築後の神殿を「ヘロデ神殿」と呼びます。 ★第三神殿 終末の時、エルサレムに建設される神殿を指します。 (過去記事) 世界は聖書の預言どおりに動く~(4)(8/2) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12689880379.html 世界は聖書の預言どおりに動く~(5)(8/27) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12694514896.html

~「最終戦争の起点」は1948年5月15日~

◆最終戦争の起点~1948年5月15日(ナクバの日) 『光の子と闇の子の戦い』には、最終戦争の起点が記されています。 ――光の子らの囚われ人が、 諸々の民の荒野から帰って エルサレムの荒野に宿る時―― この預言通り、イスラエルが建国を宣言した「1948年5月14日」の翌日に『第1次中東戦争(1948年5月15日開始)』が起きています。

レビュー

(9)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード