有料記事

コピーのつくり方1 これが電通の教科書だと電通クリエイターの先生が教えてくれた本

宣伝会議賞は、広告界の登竜門と言われていますが、 この賞に入賞できたからといって、必ずしも、 コピーライターになれたり、広告業界に就職できるわけではないと 思います。 直木賞などと違って、明日からコピーの仕事の注文が殺到する いうわけでも、ないと思います。 コピーライターは外からみると、アイデアだけで楽々な仕事みたいに 見えますが、そういうアイデアがわき出る人ばかりの中で毎回、 企画を競争するわけなので、精神的にとても苦しい時もあり、 体を悪くする人も多いですし、大手広告代理店の社員以外は お給料も決して高くありません。このご時世なので、 リストラとかもあります。 (2ちゃんの広告業界の板を見れば、わかります) でも、仕事として広告業界や、コピーライターを目指すのじゃなくても、 発想力は、こんな時代には、どんな職業の人でも必要だと思います。 下の有料記事は、私がコピーの先生の 電通クリエイターの先生に これが電通の教科書ですと教えてもらった、 本たちです。 私はコピーを独学するとき、 電通の先生が、これが電通の教科書です、と 教えてくれた本たちを、何度も読みました。 この本たちで、こういう広告が、一流広告と いうものか、 ということがわかりました。 普通の人は(私もでしたが)、毎日、山のように広告を みていても、どの広告が一流広告で、どの広告がイマイチ なのか、聞かれてもわからないと思うのです。 でも、こういう広告が一流なんだよと、実際に超一流の 広告をこの本で知って、一流の広告とは、このように ユーモアがあって、そして心に残るんだ、と この電通の先生に教えてもらった本たちを じっくり読んで、 地図も持ってなかった私が、とりあえず、目指す山 がわかったというか、自分が目指す山の地図、を もらった気がしました。 この電通の教科書という本たちは、 別に、宣伝会議賞に興味がなくても、発想力がいる仕事 の人には、とても役に立つ本だと思います。 私は、たくさんのいいコピーを見るのも大事ですが、 もっと大事なのは、 自分の心がどのコピーに反応するか、感動するかを 知って、 自分の好きなコピーを書くの人のコピーを徹底的に たくさん何度も見てみることが大事だと思っています。 私は、素人なので、あまり色々な人のコピーを 知りません。 授賞式で同じ賞をとった人(京都大学卒の大手広告代理店 現役コピーライターの若い人)と雑談したのですが、 私が審査員の先生方の超有名な、代表的なコピーさえ 知らないので、すごく驚かれました。 どうしてそんなコピーに無知な人が受賞できたの?と いう顔でしたw 審査員の先生たちに受賞者たちは、挨拶に行くのですが、 私は先生がたの超有名なコピーを知らないことが バレてはいけないので、その若い広告代理店の人と 一緒についていって、その人が話すそばにいて、 「そうそう私も同感です」みたいな顔をして、 にこにこした笑顔だけで、審査員の先生たちとの会話を 切り抜けましたw だから、私は他の応募者より圧倒的にいいコピーを 知らないのですが、 ただ、自分が好きなコピーを書く人の コピーやCMや本は全部読んで 何度も見たので、 その人のコピーの裏側にあるその人の感性に染まる ように、その人の感性に近づけるようにしました。 よく、歌手の物まね芸人さんがいますが、 好きなコピーライターの 感性の物まねコピーライターを目指しました。 どっぷり、この〇〇の本(有料記事に書いてある)の、 広告事例の本や、〇さんの「感動するコピー」に はまったので、 私もいわゆる、上手いコピーより、 〇さんのような感動させるコピーを、 目指したい、と思いました。 たとえば、〇さんと、中畑さんのコピーの性質は違います、 糸井さんも、違います、 その人、その人の個性が違うから、 自分の一番好きなコピーの作者の、 感性の世界にどっぷりつかったのが、 私にはよかったのかな、と思います。 まさか受賞するなんて思いもしなかったけど、 単純に、その人の感性の世界のCMに 浸るのが、小説を読むように楽しかったし。 でも、どっぷり自分の好きなコピーライターの 先生の本に浸る前に この本だけは読んだ方がいいと思います。 電通クリエイターの先生が、この2冊は 電通クリエイターの教科書と言って いましたが、その通りだと思う本です。 そういうことで、私が読んだ(電通クリエイターの先生が 勧めてくれた本)を下に紹介しておきます。 今見たら、この本2冊は、中古で売っていましたが、 新刊ではもう廃刊になっているかもしれません。 中古の本も、いつ売り切れるかわかりませんので もし、この本のどれかが、売り切れてしまった場合は、 本が買えなくても、お許しいただける方だけ、 この有料記事を買ってください。

レビュー

まだレビューがありません

ビジネス

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード