有料記事

2ヶ月で出来る!20代女性のための下半身痩せ講座

はじめに

あなたも下半身太りで悩んでいませんか?? ジーンズが履けない。。。 上半身は痩せるけど、下半身が痩せない。。。 ヒップラインが気になる。。。 こんにちは! 新宿で下半身痩せ専門のパーソナルトレーングジムを経営している今村まさふみです! 現代人の多くの女性が悩んでいる下半身太り。 そして、一人では上手くいかない下半身痩せダイエット… 今回、下半身痩せダイエットのプロである私“今村”が下半身太りが気になる20代女性のために、下半身が太ってしまう理由とその改善方法についてお話していきます。 冒頭のお写真は女子大生の1ヶ月間の変化になります。かなりヒップアップしているのがわかりますよね。 こんなに変化しているのに、なんと辛い運動や無理な食事制限は一切していません。 今回は特別にその方法をお伝えします!

こちらの女子大生も同じように適切なエクササイズを行った結果、下半身痩せとヒップアップを成功させました!

こちらの2名の方も同じ! それでは本題に入る前に使用上の注意点をお話しておきます。 一般の方やモデルなど多くの下半身痩太りに悩む多くのお客様を担当してきた中で、下半身が太ってしまう源についてある程度の傾向は掴むことができました。 今回ご紹介するお話は下半身痩せダイエットの基本的な考え方です。 下半身が太ってしまう理由は人それぞれ、ここに書いてあることが全てではありません。 あくまで一般的な話と考えてください。 それでもトレーナーとして活動して来た157,680時間の経験をもとに作成しているので精度はかなり高いものとなっているはずです。 成功するかしないかはあなた次第。 “やるかやらないか”だけです。 下半身痩せ専門パーソナルトレーニングジム“からだラボ” パーソナルトレーナー 今村まさふみ

もくじ

・はじめに ・20代女性を悩ませる下半身太り ・下半身が太りやすい現代人のライフスタイル ・サルは手、ヒトは足 ・サルは足で枝を掴む ・下半身太りの原因は呼吸 ・噛む癖と重心とお尻 ・下半身が太りやすい方の共通点 ・呼吸を改善しよう! ・裏腿の柔軟性を改善しよう! ・背中を使ってヒップアップ! ・踵側に体重を乗せよう! ・エクササイズ編(トレーニング動画)

20代女性を悩ませる下半身太り

☑️ヒップアップしたい! ☑️内腿を引き締めたい! ☑️代謝をあげて痩せやすい体を作りたい! ☑️足のむくみの予防、改善! ☑️お気に入りだった服を着たい! この記事を読んでいるあなたも、きっとこのようなお悩みを抱えていますよね? あなたと同じように20代の女性4人に一人が下半身痩せダイエットが上手くいかなくて悩んでいるのです。 ではなぜ下半身が太り、下半身痩せダイエットがうまくいかないのでしょうか? それは下半身が太る原因を知らないからです。 原因もわからずに闇雲にトレーニングを頑張っても下半身痩せダイエットはうまくいきません。 それでは、“なぜ下半身がなぜ太るのか?”、その理由についてお話をしていきましょう。

下半身が太りやすい20代女性のライフスタイル

下半身が太ってしまう1番の原因はライフスタイルの変化にあります。 スマホの普及とともに起こった急速なライフスタイルの変化が下半身太りの原因になっているのです。 ここで僕からあなたに3つの質問をしますのでしっかりと考えてみてください。 それでは一つ目の質問です。 あなたは1日にどれくらいの時間を椅子の上で過ごしていますか? 1時間? 3時間? それとも8時間ですか?? シドニー大学の研究者たちが世界20カ国の成人を対象に、平日の座位時間について調査した結果によると、日本人が最長で1日420分=7時間であるとわかったそうです。(参考資料:岡浩一朗『長生きしたければ座りすぎをやめなさい』より)   これは調査した20カ国の中で最も長かったそうです。 座っている時間が長いと下半身の筋肉が使われなくなるから太る。同時に下半身の大きな筋肉が使われないから代謝が落ちて太りやすくなる。 これはなんとなくイメージできますよね? そして、座っている時間が長い事によって下半身が太ってしまうもう一つの原因を知っていますか? それは、呼吸が浅くなるという事です。 実は下半身が太る理由は筋肉だけの問題ではありません。それなのに下半身の筋肉のみフォーカスしてしまうから失敗してしまうのです。 それではもう一つの質問です。 あなたは1日にどれくらいの距離を歩いていますか? 厚生労働省の調査によると、全国20~64歳の一日の平均歩数は、男性で7,970歩、女性で6,911歩となっています。 比較のために江戸時代の人の歩行距離を調べたところ、“1日平均の歩行距離は約33.1km”だったそうです! 女性は約30.4kmであったとする研究結果もあるそうです! すごくないですか?? ちなみにこの資料は、江戸から伊勢までの旅行の際の距離なので、毎日これくらい歩いていたかといえば、そうではないと思います。 でも、旅行の時にいきなりこんな長距離を歩けるようになるはずありません。普段からでも相当な距離を歩いていたと思います。 ここが現代人の生活と大きく違うところです。 現代人の移動手段といえば、車、電車、自転車、飛行機など様々ありますが、これらが登場する前は一部特権階級を除き徒歩しかありませんでした。   座っている時間が長くなり、歩いている距離、歩数も少なくなってしまったことが現代人の下半身を太らせる原因となっているのです。 では最後の質問です。 あなたはご飯を食べるときによく噛んでご飯を食べていますか?また、どの歯を使って噛みますか? 前歯? 奥歯? あまり考えた事ないですか?? どれくらい噛むと良いかという詳しいデータがないのですが、右の奥歯だけで噛む、左の奥歯だけで噛むといった片側しか使わないで噛むことや、よく噛まないで飲み込んでしまうといったことが下半身太りと密接に関わっているのです。 “カレーは飲み物“ このように噛まずに飲み込んでいる方は要注意です。 これは噛まないと満腹中枢が刺激されなくて食べ過ぎるとかそう行ったものではありません。 この辺は順番を追って詳しく説明していきます! ここまで読んで、 “やばい私ほとんど当てはまっている。。。” そう思った方、ご安心下さい。 本書を読めば解決する可能性が格段に上がるはずです。 それではなぜ座っている時間が長くなると下半身が太ってしまうのでしょうか? その理由についてお話をする前に、足の成り立ちについてお話しています。 ちょっと小難しい話が続くので、先が気になる方は読み飛ばしてお時間があるときにこの続きを読んでください。

レビュー

まだレビューがありません

ダイエット・ボディメイク

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード