有料記事

マスコミを批判するなら戦後を知れ

1〜9人が購入

●最近のマスコミは駄目だ・・・・ ●必要な事を言っていない・・・ ●外国人がコントロールしているから・・・・ まぁ、それも一理ありますし、調べていくと事実として存在するのでしょう。しかしです・・・・どうしてそうなったか?知らない人が案外います。今情報がコントロールされているとすればそれは戦後にさかのぼります。 ※厳密に言うと平安時代かもしれませんが、現代マスコミという事に話の的を今回は絞ります。

皆様は『戦犯』という言葉をご存知でしょうか?

実はこれをきちんと知らない故に、ミスリードに騙されているという事になっているのだと思います。ネットで取り沙汰されても特定のスパイだけでそこに批判が集中しているだけです。しかし、その人だけ糾弾して済むことでしょうか? 「確かに表沙汰になっている人は何もしていない訳ではないし関係しています」 しかし、批判を受けてないもの程実は色々な形で影響してきたというのが実情であると思います。

つまり、表に出されて批判を一手に受けてるのは本陣への批判そらしなのだと見抜けます。

残念ながら、特に第二次世界大戦後、こういった『日本という国に対する裏切り者が絶大な勢力を持ち、経済力も庶民など及びも付かないほどの金持ちになっていきました』 身近な例で皆様も比較してみてください。自分の実力により経営者になってそれなりの金持ちになった人と、そういう人たちの総資産を比べてみてください。大抵のケースを見ればわかるかと思いますが、実力如何でどうする事も出来ないほどの歴然とした差が有るという事に気が付くことでしょう。

戦後に『東京裁判』なるものが開かれましたが・・・・

 私が見た例の多くは、おじいちゃん、つまり戦争を体験したり、戦後まもなく生まれたような人達が実は案外その事を知っていて興味を持って居たりします。その反面、女性でそういう本を読む方を私は見かけたことが有りません。男女差別なんて言いますが、そういった面からも男性と女性というのは興味や関心事が違うことが多いのではないでしょうか。  実際に、女性に私が東京裁判について話題をふると、知っている人を見た事がないし、聞いたことがあっても何一つ内容が分からないなんて事はザラでした。女性の多くは理論的で細かい内容が苦手なのだと思います。そういう方々や子供達こそ実は知らないといけない問題なのに一角の考えを示す人を見た事が有りません

こんな事ではいけない!

私はそう思ったので、自ら行動する事にしました。 つまり誰よりも、どこよりも、日本一(笑)分かりやすい解説を自分がするしかないと考えた訳です。

この章では具体的な人物について話していきたいと思います。

今の日本という国が漠然とでもおかしいと思う方は多いです。他にも原因はありますが、その一つ理由として、アメリカの言いなりだから悪いんだという考えが挙げられる事でしょう。しかし、この手法も 『目の前の敵を見ないでアメリカのせいにする』 つまり『的外れなものを敵にしてしまう手法により、的外れだから根本が解決せず日本が変わるどころか余計に酷くなっている事』に気がつかないのです。 根本を変えないと世の中変わるはずがありませんよね?しかしその根本を我々は教えられないで育つようにされているのだから気がつかないのが当たり前なのかもしれません。

それでは、その『根本』が何かと申しますと

簡単に言ってしまうと、第二次世界大戦以降は、とあるグループ体系が全ての力を持つように改変されました。

それが具体的に何かと申しますと・・・・

レビュー

(3)

まだレビューがありません

趣味・レッスン

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード