有料記事

入会1年待ちのピアノ教室の先生が語る『生徒と親を育てるピアノの教え方』

入会1年待ちのピアノ教室 なぜ「この先生に習いたい」と 何か月も入会を待つのか? 入会1年待ちのカリスマ指導者は、どんなピアノ指導で、どのような声かけを生徒と親にしているのか? ピアノ教室の先生が自分らしいレッスンを少しずつ築いていくために必要な「レッスンスキル」と、「生徒と親を育てる指導のコツ」を、カリスマ指導者である私の母の会話記録。 生徒と親を育てるピアノ 指導の裏側を全て記録して記事にしました。 なぜここまで、多くの親が習わせたいと思うのか。そこにはどんな秘密があるのか。母は自らの教室を「魔法のレッスン室」といいます。 母は本当に細かな部分まで指導して見ています。 多くの親が入会を希望する理由が母の会話の中にすべてあります。 そして会話の中には、同じ生徒に対してもピアノの教え方はここまで変わるのかと、私自身もピアノ指導において多くの気づきがありました。 伝え方、声のかけ方、アドバイスのタイミング、褒め方・・・ 「気づきで育てるピアノの教え方」を知ると、ご自身のピアノの教え方が大きく変わります。 母は生徒と保護者にいつも寄り添った素晴らしいピアノ指導者のひとりです。 ピアノを習うことが初めてという親子に、ピアノを弾くことをどう教えたらいいのか。ただ楽譜に書いてあることだけができたらOKではありません 入会1年待ちのピアノの先生の教え方は、ピアノの座り方一つもここまで丁寧に指導しています。 母はこういいます。 「ピアノの先生の仕事ってのは、ピアノを通して、音楽とはこうやって学ぶんだよと。一つずつ根気よく伝えること。」 ぜひ皆さんも自分らしいピアノ教室を築いてください。 自分の指導に自信をもってください。 きっと生徒と保護者はあなたを信じてついてきてくれます。 ピアノの教え方、生徒の何を見てあげたらいいのか、どうやって声をかけていけばよいか、すべてを記録しています。 母が自ら築き上げた最高のピアノ教室のすべてがここに集結しています。 「気づきで人を育てる」 大事なのはどうやって気づかせるか。 ぜひこの記事を読んでください。 あなたもピアノ指導者として豊かな人生の一歩を歩んでいけます。 会話記録の全容は以下です

レビュー

まだレビューがありません

習い事

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード