有料記事

【確実に勝ちたいときは…】&軍資金別狙い方講座

1

1〜9人が購入

【確実に勝ちたいときは…】&軍資金別狙い方講座

こちらは勉強回顧(競馬講座)で会員向けに更新した記事からピックアップして提供いたします。 (2021年1回中山開催初週より)

 馬券を考える上で難しく考えすぎている人が多いように感じます。肩の力が入りすぎるとどんどん悪循環になっていってしまいます。特にハズレが続くようなことがあると力が入ってしまって見える視界が全然変わってくるものです。これは私も経験がありますが、普段なら絶対しないようなミスだったり、狙い方をしてしまったり、あり得ないような狙い方をしてしまうようなことが出てきてしまいます。負けが続いたりすると基本を忘れてしまうのでもっと気楽に構えた方がいいです。  簡単に当てれる人は簡単に当てれる方法を熟知しています。  そして難しく考えてません。  今年も馬券分析などで実際に考えたレースを解説していく機会はドンドン作っていきますが、これまでの馬券分析でもほとんど難しく考えてないことが分かります。最近勉強回顧の会員になった方は今後の馬券分析を参考にしてもらえればと思いますし、中にはブログの過去記事で馬券分析を書いている事もあるのでそういうのを参考にしてもらえればと思います。

シンプルを忘れてはいけない

 年始なので基本に忠実にということをお伝えすべく、シンプルさを忘れてはならないということをお話しておきたいと思います。肩の力を抜いて、無理な狙いをしなければ誰でも簡単に当てる事はできます。ただ、厄介なのはそこにオッズなどが絡んでくるので回収を取るために券種の工夫をしたり強引な絞りをしたりすることでドンドン肩に力が入ってしまいます。  当てに行けば当てれるという気持ちの余裕があると余計なレースに手を出さなくなったり、回収難だと感じたら無理な狙い方をしないで冷静な券種選びをすることができるようになってきます。  券種選びはかなりカギで、状況やオッズによって選ぶ券種は自然と変わってきます。最初から3連単を買うとか決めてしまっているとその型に合わせた予想をしなくてはならないので無理が生じます。色んな券種があることを頭に入れて状況に応じて使い分けしていく余裕があることが理想です。時にはG1で複勝を買うという選択があってもいいくらいです。案外3連複でトリガミするくらいなら複勝やワイドを選ぶ方が好結果なこともありますので高配当にばかり意識がいってしまうとシンプルな狙いの方が結果オーライになることも少なくありません。

レビュー

まだレビューがありません

その他(趣味・レッスン)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード