有料記事

食べる赤ちゃんの気持ちを引き出す

食べる赤ちゃんの気持ちを誘い出す

離乳食って、始めてみないとわからないこと沢山あって、与えるママ・パパはすごく揺れる気持ちあると思います 揺れていいんです / その時最善と感じたことを 修正しながら前に進む \ これが正解です 毎日あげている当ブログ記事にも 書いてある通り

「食べること」「赤ちゃんの体の育ち」は両方繋がっていると書いてあるのですが、 「食べること」「カラダの育ち」を 別物として意識されがち、あるいは 不明瞭な部分として曖昧にされがち な部分もよくあります ◎ここから一部無料公開部分 としてご紹介いたします◎ ▼まず、ターゲットを見ること ---------------------------- 食べるターゲットは、「食材」です 食材をイメージするとひとつの食品 にもかかわらず、 はじめて離乳食をイメージして いただくと 調理されたどろどろ系をイメージ されることが多い 大人は原型を知っているから 食べ物だと印象付けられます それを初めて見る赤ちゃんにとって 「なんじゃこれ」の得体がしれない ということかもしれません 大人は食べ物だと思っていることと 赤ちゃんが思うことには ギャップがあるということ 私が伝えている「離乳食」は 赤ちゃんが分かりやすいように伝える 確かめてもらってから、進めていく これが赤ちゃんの食べる気持ちを引出す 手段でないかと感じています

続きのコラム内容もあつく直球です ▼赤ちゃんがどう見えているのか ▼赤ちゃんのひとくちを大切にして ▼赤ちゃん自身が手を出したくなる状況  を引き出す 導入部分だけでも、「はっ」と思われることあるかもしれません 熱量こめて、お話書いています

レビュー

まだレビューがありません

赤ちゃん

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード